興信所なら富士に強いガルエージェンシー三島 | » 浮気調査事例

お問合せフォーム

浮気調査のガルエージェンシー三島 > 浮気調査事例 >

浮気調査事例

調査員 遠藤

浮気調査とはどういうものでしょうか?

今までのご依頼者様の体験談を、お悩み、調査内容、その後まで、ご紹介いたします。

(ご依頼者様に許可を頂いた上で掲載しております)

30代女性 夫、子供なしの場合

お悩み

1ヶ月ほど前から夫の様子がどうもおかしい。残業が増え帰宅時間が遅くなる。家にいる時も携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになり、頻繁に見てはこそこそと操作をしている。

気になって問い詰めてもはぐらかされてしまう。週末は家にいることが多く書斎にこもってあまり出てこない。明らかにおかしいので、真実をはっきりさせたい。

調査内容

ご相談者さまと面談の上、調査方法を決定。
平日、退勤後に行動調査を提案。

調査結果

ご主人様は終業時間付近に退勤。勤務先近くの24時間営業のスーパー駐車場にて女性と接触、高台にある夜景の見える公園の駐車場に移動する。
車内から2人は降りて来ず、スーツを窓に掛け、車内に30分以上滞在している。
2日目以降、あらかじめ調査員や夜間でも鮮明に撮影できる特殊機材を公園内に配置、撮影体勢をとる。尾行してきた調査員と綿密に連携を
取りながら調査を遂行。案の定、ご主人さまは女性と車内で不貞行為に勤しんでいる様子を鮮明に記録する。
地元であったため、張り込み場所や撮影可能場所、公園内の状況など調査員の経験値が生かされた調査であった。
1時間後、ご主人さまはスーパー駐車場で女性と別れる。調査員は女性の身元割り出し調査を行う。
結果、女性は会社の部下と判明する。以降の調査で3回の生々しい不貞行為の事実を押さえる事に成功した。

その後

報告後、ご相談者さまは証拠をもとにご紹介差し上げた弁護士に相談する。
証拠を出さずに夫に話をしたところ認めなかった。
しかし事実を突きつけると、観念して認めた。
ご相談者様は、証拠を突き付けるまで浮気を認めない夫に嫌気が差し離婚を決意。
あらかじめ、弁護士と相談していたこともあり調査結果及び弁護士の協力をもとに慰謝料・財産分与など有利な離婚を実現した。

矢澤の一言
有利に離婚ができたとはいえ、やはり結果が離婚となってしまうのは悲しいことです。
しかし、世の中には何度も同じことを繰り返してしまう人、全く反省できない人もいます。
浮気調査で結果がクロだった場合は自分のパートナーが「本当に最適なパートナーなのか」を
もう一度改めて考えてみる良いきっかけになるかもしれません。

あなたの味方になる相談員が詳しくお話を聞かせていただきます。
ご相談、お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

40代女性 夫、子供2人の場合

お悩み

数か月前から夫の帰宅時間が遅くなり、休日に外出が増えている。
当初から『昔の友人に偶然会った。懐かしくて会っているだけだ』というのですが、嘘っぽい感じがする。
友人の名前を言われても、私が知らない人ばかりなので詳しくはわかりません。
先日、夫が子供と一緒にお風呂に入っている際、女性の名前で着信がありました。
相手の名前に心当たりはなく、だれかはわかりませんが、
夫が自宅で携帯電話を使用している場面もよく見るので、連絡も頻繁なのだと思います。
実際に会っている相手が本当に友人男性なのか、それとも女性なのかが気になっています。
結婚前、交際しているときに2度浮気した前科もあるので、今回も浮気をしているのではないかと疑っています。
夫が浮気していても子供がまだ幼いため離婚は考えていません。しかし真実を知りたいので調査することは可能でしょうか?
また調査料金はいくら位かかるのか教えてほしいです。

調査内容

ご相談者さまと面談の上、調査方法を決定。
ご主人様の日頃の行動から休日を中心に浮気調査を提案。

調査結果

調査の結果、やはりご主人さまは休日に女性と接触していました。
複数回の接触現場を押さえることに成功し、報告をおこないました。

その後

報告書を受け取って数日後、
子どもを友人に預かってもらい、帰宅した夫に直談判しました。
夫は女性と関係を認め、2度と会わないと謝罪してもらいました。
(女性は結婚前に浮気をしていた人でした)
私自身も離婚までは考えていなかったのと、夫の反省の態度から
今回は穏便に済ませることにしました。

矢澤の一言
毎日、顔を合わせて生活をしていると、小さな変化に鈍感になり、変化に気付かないことも多くなります。
しかし、あるときにふと違和感を覚えることがあります。
浮気発見にはこの違和感がとても重要です。
また過去に浮気した前科のある方はまわりの動きにも敏感になっているので、
いつもと違う行動が出やすい傾向があります。
今までしていなかったことをしている場合は浮気の可能性が高いと思われます。
以前、浮気をされたから信じることができないとご相談に来る方も多くいらっしゃいます。
離婚を前提にご相談に来る方ばかりではありません。
お子さんが幼いため離婚できないなど理由はさまざまですが、夫婦関係をやり直したいという気持ちがあるからこそ、
『真実を知りたい』と考えるのではないでしょうか。


あなたの味方になる相談員が詳しくお話を聞かせていただきます。
ご相談、お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

30代男性(家族構成 妻、子供1人)の場合

お悩み

最近、妻の行動がおかしい。
毎年、夏休みになるとお互いで夏季休暇を取り、家族でそれぞれの実家に帰省することが恒例行事でした。今年ももちろんその予定を
立てていましたが、妻から「今年は夏季休暇が短いため、私は一緒に帰省できない」と言われました。
最近、帰りも遅いので仕事が忙しいのだろうと思っていましたが、よく考えてみると2ヶ月ほど前から妻の行動がおかしいことに気付きました。子供も小さく、もともとお酒が飲めないので、飲み会には参加したがらないタイプだった妻がここ2ヶ月で4回も職場の飲み会に参加するようになりました。夫婦関係を拒否されることが増えたなど、些細なことですが、気になっています。

調査内容

ご相談者さまと面談の上、調査方法を決定。
奥さまが飲み会といって出かける日に、ピンポイントで浮気調査を提案。

調査結果

調査の結果、飲み会当日、奥さまは同僚の男性と会社を出てきました。
そのまま、駐車場で車輌に乗りこみ、ホテルに行く様子を確認しました。
途中のコンビニエンスストアでお酒や食事類などを購入している様子などから
飲み会は存在せず、逢瀬の為の口実であると思料されました。
ホテルから出てきたあと、男性を尾行して氏名、住所など身元まで判明、報告しました。

その後

報告後、妻には言わず、接触した男性に直接会いに行きました。
退勤後の彼は、驚きを隠せずあっさりと事実を認めました。
そして、彼から妻に対して関係を清算するよう話をしました。
数日後、言葉少なに帰宅する妻を見て、関係が終わったと確認しました。
しばらく、落ち込んでいた様子の妻でしたが、今は以前の関係を取り戻せています。
予定通り、お互いの実家に帰省をすることができ、両親にも心配をかけずに済みました。
夫婦関係も復活し、来年には家族が増える予定です。

矢澤の一言
行動の急な変化は浮気をしている可能性が高いです。
普段仕事をしながら子育てをする奥さまにとって、自分の自由な時間はほとんどないと思われます。
そのため、飲み会に参加するという今までの行動になかった行動パターンが出てきました。
急な変化は、調査をするのにも絶好のタイミングと言えるのです。
ご相談の中から、おかしいと感じたところを調査をすることにより、
期間や費用の面で、負担が少なく済みます。

あなたの味方になる相談員が詳しくお話を聞かせていただきます。
ご相談、お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

以上の浮気調査事例はほんの一例です。
ご覧になって、いかがでしたでしょうか。少しドキッとした方、思い当たることがある方もいらっしゃるかと思います。
ご主人さま、奥さまの行動で以前と比べて不自然な所はありませんか?
以前より帰宅が遅くなった…休日出勤が増えた…休日に一人で外出することが多くなった…等々。
日常の小さな変化、違和感が浮気発見につながります。
少しでもパートナーの行動に不安を感じましたら、その不安を抱えたまま毎日を過ごすより、プロの探偵に相談してスッキリ解決しませんか。

あなたの味方になる相談員が詳しくお話を聞かせていただきます。
ご相談、お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

電話番号お問合せフォーム

疑問におこたえします

  • 浮気調査の料金はいくらくらい?
  • 浮気調査ってどんな事をするの?
  • 調査結果ってどんな形で貰えるの?
  • 探偵に頼むって大げさじゃないの?
  • 他の人も依頼してるの?
  • 結果を知った後はどうしたらいいの?
メニュー
  • 調査委員会
  • アクセス
  • 会社概要
  • お問合せ
  • 用語集
ブログ最新記事ブログ最新記事の一覧表示
ブログ
初詣に参拝して
ブログ
妻の変化
ブログ
単身赴任

テレビ番組出演実績

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *